アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
オススメリンク
たくさんの方が悩んでいるうつ病の症状や種類について詳しく分かるのがこちらのサイトです。診断もできるのでもしかしたら…と感じている方はチェックしてみましょう。 ヒプノセラピーで心身のケアをしたいなら東京のこちらで!|Tree 練馬の心療内科で心のケアをしませんか?|石神井公園クリニック
心のモヤモヤをスッキリさせることができる東京のカウンセリングサービスが選ばれています。一度相談してみよう。
悩む

テキス 心療内科の現状

心療内科でカウンセリングする患者さんが多いのが、うつ病や統合失調症、認知症と言われています。
特に統合失調症は若い方の病気と言われているように20代から発症して100人に1人かかると言われています。
脳内の情報処理が混乱し思考や感情を統合する能力が低下する為にこのような病名がつけられています。
このように心療内科では色々な病名がつけられていますが、代表的なのがうつ病や統合失調症や認知症などでうつ病に関しては強いストレスが原因で起こると言われていて神経伝達物質セロトニンの不足で起こると言われています。
統合失調症に関しては別の神経伝達物質のドーパミンの過剰な分泌が原因で、認知症の多くは脳の委縮が関係するアルツハイマー病型認知症と考えられています。

心療内科でカウンセリングを行った患者さんには統合失調症とうつ病を合併しているケースもあるそうです。
統合失調症は比較的若い方が発症して、初期の症状として幻覚や妄想などがあり周囲にも理解しづらい症状でもあります。
又、本人は病気の自覚がなかったりしますので周りの家族が病気を良く分かってあげて、本人がつらい思いをしていることを理解して、その気持ちに共感することも大切ではないでしょうか。
早期に心療内科でのカウンセリングをすることが大事です。
比較的都会などでは精神障害者のためのカウンセリングや治療施設が充実していますが、地方にいけば、まだ十分な施設がありません。
しかし地域の中にはカルチャーセンターや図書館など一般の施設を利用することで、自然な社会参加が可能ではないでしょうか。

薬を飲む

テキス 仮面うつ病に要注意

心療内科に訪れる人の多くが仮面うつ病であるケースが少なくはありません。
仮面うつ病とは、眠れない、倦怠感、頭痛、腰痛、首や肩のコリ、動悸などの身体的な症状が前面に出てしまい、精神面の症状が隠されてしまっている状態をいい、特に働き盛りの40代から50代に急増しています。
仮面うつ病の主な身体的な症状は倦怠感、食欲不振、不眠、腰痛などがあげられますが、吐き気や腹痛が伴う人もいて、長期的に続くと、慢性胃炎や過敏性腸症候群などと診断されてしまいうつ病が見逃されてしまうこともあるので、なるべく早めに心療内科もしくは出ている各症状に対応する診療科を受診するよう心がけるようにします。
心療内科などで、うつ病と診断されても深刻になることはなく、薬が処方されることもありますが、カウンセリングを受けるだけで、ごく自然に治っていく場合もあります。

カウンセリングで話をきいてもらうだけで、症状が改善していく人もいます。
心療内科の基本的な治療はカウンセリングになります。
カウンセリングにより、自分の力でストレスや悩み事などが解決できるように促してくれます。
もし不眠の症状がでているなら、どうしてその眠れない症状がでているのかを理解し、自覚してもらうための方法で、自らがその問題を解決していけるように、気持ちに整理がつけれるように誘導していきます。
また、ある生活パターンが不安をまねく原因になっていることもあるので、パターン化された生活行動に変化をもたらす治療なども行われています。